グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教育・研究  > 教員紹介  > 早坂 淳

早坂 淳

早坂 淳

早坂 淳

社会福祉学部
社会福祉学科 准教授

【主な担当科目】
・教育方法論
・教育学、教育学概論
・特別活動の研究
・道徳教育の研究
・教職実践演習
【学位】
教育学修士

【学歴・職歴】
・筑波大学一貫制博士課程人間総合科学研究科単位取得満期退学(平成20年6月まで)
・筑波大学教育学系準研究員(修士課程教育研究科外国人教員研修留学生担当)(平成20年7月から平成23年3月まで)
・長野大学社会福祉学部講師(平成23年4月から平成24年9月まで)
・現職 長野大学社会福祉学部准教授(平成24年10月から現在)

キーワード
・学級集団の秩序形成、教師の無意図的教育力、学習指導、授業研究、授業改革、ミラーニューロン

研究テーマ
・学級における生徒の自律的秩序形成メカニズムの解明

研究業績
・小島季輝・古市直樹・早坂淳(2015)「教室に流れるニュートンの時間とベルクソンの時間: 学習の客観的「中心」と主観的「中心」の不一致」、『琉球大学教育学部教育実践総合センター紀要』第22号所収、琉球大学.
・小笠原喜康・早坂淳(2014)「SNS利用による大学教育改革の二つの可能性 -協働化と振動するノード化の変革可能性-」,『長野大学紀要』第36巻第1号所収,長野大学.
・早坂淳(2013)「学級のあり方と学級づくり」,田中統治・大髙泉編『新教職教育講座第3巻 学校教育のカリキュラムと方法』所収,協同出版.
・早坂淳(2012)「我が国の戦後教育史における学習指導過程の特徴」,『長野大学紀要』第34巻第1号所収,長野大学.
・早坂淳(2012)「通常学級担当教員に求められる専門性の変容 ―発達障害についての理解を基盤にした学級秩序の成立・維持を目指して―」,『教育方法学研究』第17集所収,教育方法研究会.
・早坂淳(2011)「生徒指導と社会化」,石戸教嗣・今井重孝編著『システムとしての教育を探る』所収,勁草書房.
・早坂淳(2011)「日本の教育史における生徒指導と生活指導」,『長野大学地域共生福祉論集』第5号,長野大学.
・早坂淳(2010)「学習指導過程」,根津朋実・吉江森男編著『教職シリーズ:教育内容・方法』所収,培風館.
・早坂淳(2010)「生徒の自律性を涵養する生徒指導の理論的・実践的検討 ―Luhmann理論における「社会化」と「教育」の違いに着目して―」,筑波大学教育学系論集所収,筑波大学人間総合科学研究科.
・HAYASAKA Jun(2010)The Outline of the Teacher Training Program in Japan- Focusing on its History and the Case in the University of Tsukuba, in "the 29th In-Service Training Program for Overseas Teachers", Master's Program in Education, University of Tsukuba.
・早坂淳(2009)「拡張したメディア概念からみた学習秩序」,平山満義編著『教育実践と情報メディア』所収,協同出版.
・早坂淳(2009)「教育方法学はどのような科学か ―科学研究の「モード論」と長谷川榮の『教育方法学』を手掛かりに―」,『教育方法学研究』第16集所収,教育方法研究会.


可能な共同・受託研究のテーマ
・共生と協同を目指した集団づくり
・権力や権威に拠らないリーダーシップの育成

地域活動
・上田市教育行政評価懇話会委員(平成24年度~現在)
・ながの子ども・子育て応援県民会議委員(平成25年度~現在)
・上田市社会教育委員(平成26年度~現在)
・上田市総合計画審議会(教育文化部会)委員(平成26年度~現在)
・坂城町子育て支援事業計画策定委員(平成26年度~現在)
・集団作りや教育学についての講演会・研修会講師

高校生向け講義
・学校の先生って何のプロ?
・教育って何だろう?

一般向け講義
・教育とは何か
・「仲間意識」の醸成には何が必要か
  • 夢ナビ講義(高橋大輔)
  • 資料請求
  • まちなかキャンパスうえだ