グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教育・研究  > 企業情報学部:情報の泉プロジェクト  > 『森の恵み地域の恵み探検隊』プロジェクト推進

『森の恵み地域の恵み探検隊』プロジェクト推進

各地域の体験学習プログラムを活かした教材づくり・ネットワークづくりを企画・提案しました。

『森の恵み地域の恵み探検隊』は、自然資源、歴史的な社会資源を豊富に持つ長野県(=信濃の国)のすばらしさを、各地域の「自然体験学習」「地域体験学習」に取材し、地域ごとのチームが自ら制作した教材コンテンツを束ねたコンテンツです。森林づくりをミッションとする長野県緑の基金、地域情報化支援の実績を持つ長野大学とが連携をし構想段階から企画しました。


『森の恵み地域の恵み探検隊』ネット公開中

森の恵み地域の恵み探検隊

『森の恵み地域の恵み探検隊』トップページ

『森の恵み地域の恵み探検隊』公開シンポジウムを開催

2009/9/27、長野大学で『森の恵み地域の恵み探検隊』公開シンポジウムを開催しました。当日は、同教材の概要を説明し、教材が体験学習のフィールドと結びつくのかを「AUN長野大学恵みの森」の見学を通して参加した皆さんに見てもらいました。概要は添付の資料をご覧ください。当日のシンポジウムは後日ネット公開の予定です。

『森の恵み…』概要を説明する前川准教授

『森の恵み…』概要を説明する前川道博准教授(企業情報学部)

AUN長野大学恵みの森

AUN長野大学恵みの森見学、説明する高橋大輔准教授(環境ツーリズム学部)