グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教育・研究  > 恵みの森ページ

恵みの森ページ

平成20年度の文部科学省「質の高い大学教育推進プログラム(教育GP)」に本学が申請していた取組「森の生態系サービスの活用を学ぶ環境教育~地域社会と共に学ぶ森の恵みクリエイター養成カリキュラムの展開~」が平成20年9月30日に選定されました。その取組を紹介します。

<取組の要旨>
長野大学は、環境ツーリズム学部・社会福祉学部・企業情報学部の3学部の特色を活かして「森の恵みクリエイター」養成カリキュラムを展開し、地域づくりの要となる「環境・観光・福祉・情報」の4領域を融合した教育活動を実施します。

この取組の特徴は、大学敷地内の「恵みの森(約3.6ha)」を利用した体験型野外学習を、地域社会と学びあう交流を重視しながら展開する点です。これによって学生は森の生態系サービス(森の恵み)の再生・活用・管理についての知識と技術を、地域社会の持続的発展に役立つ実践力として習得します。

森林を再生・管理して地域社会の持続的発展と国土の保全に活用できる知識と技術を身に付け、森林に対する愛着と情熱を有すると認められた学生に、長野大学独自の「森の恵みクリエイター資格」を授与します。

この取組は、多様なバックグラウンドの学生がそれぞれの社会的役割とキャリアの中で、森林の活用と管理を通じて日本の「国土の保全」と「持続可能な地域づくり」に貢献できる人材の育成を目指します


森の生態系サービスの活用を学ぶ環境教育とは
 これからの社会において、日本の国土の67%を占める森をめぐる活動は、地域づくりの現場でも、企業でも、行政でも、NPOでも、ますます大切な活動となっていきます。森を上手に管理しながら、森の恵みを活かすことができる人は、これからもっとも必要とされる人材です。
 森の生態系サービスの活用を学ぶ環境教育「森の恵みクリエイター養成講座」は、AUN長野大学恵みの森を舞台とした 「体験型の学び」 をつうじて、学生それぞれの森とのかかわりを構築し、 「森の生態系サービス=森の恵み」 を保全・再生・活用し、森の新しい価値を作り出し、地域の発展にいかすことができる人材を育てる環境教育カリキュラムです。 「森の恵みクリエイター養成講座」 では、森をいかす知識や技術を身につけ、森への愛情を備えた人には、長野大学独自の「森の恵みクリエイター資格」 を授与します。
 そして、この講座を通して、多様なバックグラウンドを持つ学生が将来それぞれの社会的役割とキャリアの中で森とのかかわり続け、森の新しい価値を作り出し、森林生態系の保全と持続可能な社会づくりを推進していくことを目指しています。


AUN長野大学恵みの森再生プロジェクトとは?森とともに生きる地域社会の未来を拓く

AUN長野大学恵みの森再生プロジェクトとは、2007年4月よりスタートした長野大学が全学を挙げて取り組む森林の価値創出プロジェクトです。長野大学の敷地内にある6.5haの森林「AUN長野大学恵みの森」をフィールドとして、森林の多面的な価値を地域社会と一体となって復元・創出するために、以下の実践的な学際研究を展開します。

 ・地域社会に残る森林資源、水域資源に関わる伝統文化、知識、技術を記録・保存します。
 ・森林の自然と地域文化を観光資源として活用する理論と手法についてを研究を行います。
 ・地域社会と一体となった自然再生、生態系管理、自然資源の持続的利用の理論と手法について研究します。
 ・バリアフリーな自然観察や自然環境を活用したグループワークなどに森を活用するための研究を行います。
 ・コンピューターネットワークを通じた自然とのふれあい、バーチャルな自然環境の活用、森をめぐるコミュニケーションの活性化など、環境教育やレクリエーションにおける地域情報化技術の活用について研究を行います。