グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 教育・研究  > 社会福祉学部の活動

社会福祉学部の活動

社会福祉学部では、地域における実践的な学びを重視し、その学びの一環として、ボランティア活動を積極的に行っています。中村ゼミナールでは、社会福祉法人まるこ福祉会と連携して取り組んでいる介護予防事業「おたっしゃ教室」に参加し、活動を通じて地域福祉のあり方を学んでいます。


平成19年度から「特別支援教育」という教育の制度がスタートしました。特別支援教育とは、小学校・中学校や特別支援学校に通う子どもたちに対して、一人ひとりの困り感に応じた「特別な支援」を行う教育制度です。長野大学社会福祉学部では、知的障害や肢体不自由、視覚・聴覚障害、自閉症や学習障害等、様々な障害についての専門的な知識を学ぶことで、特別な支援を必要とする子どもたちへの支援方法を理解します。