グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




長野電鉄 

月原 基晴さん

企業情報学部

長野県中野西高校出身 


インターンシップで社会の厳しさと仕事の楽しさを経験しました

私が所属している、経営ゼミでは、企業の経営課題を改善する方法を学んでいます。私は大学で勉強していることを実際の企業でも経験したいと思い、2年の時に新聞販売店でインターシップを行いました。
その中で、任せていただいた市場調査では、約1,400件の民家を1軒ずつ回り、30代から40代の新聞購読に関するアンケートを実施しました。真夏の暑い時期の調査は本当に大変でしたが、370件の回答を得ることができました。
私は市場調査の結果から、もっと子どもの頃から新聞に触れてもらう機会が必要だと考え、「親子で学ぶ新聞の読み方教室」という企画を提案しました。  
その結果、私の考えた企画は採用になり、実際に「親子で学ぶ新聞の読み方教室」を小学校で開催してもらうことができました。私はこの経験で、仕事を通じて自分の考えが実現されることの面白さを実感しました。
内定先の鉄道会社は、長野市や須坂市、中野市などの住民にとって重要な交通事業を展開しています。私は須坂市出身なので、地域住民の生活基盤を支える分野で地域に貢献できればと思います。