グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




JR東日本 

栗田 於三司さん

企業情報学部

長野県松代高校出身


常にお客様目線で考える姿勢を持ち続け、仕事に取組みたい

私は大学2年から経営コースのゼミに所属し、3年の時には地元のホテルに新たな商品を提案するプロジェクトに参加しました。
私たちのチームはホテルの宿泊事業に着目して、宿泊客に快適な睡眠を提供する方法や地元食材を利用した食事メニューを提案しました。ホテルの宿泊事業は収入の中心となるものであり、チームの意見をまとめる役割も担っていたため、プレッシャーもありましたが、自分たちの考え方を1つのプランにまとめ、提案できたことは自信になりました。また、プロジェクトを通して、常にお客様の立場で考える姿勢や責任感が身についたと思います。
内定先の企業でも、ゼミの経験を大切にして「何度も利用したい」と思ってもらえるような駅づくりができるように仕事をしていきたいです。

・企業情報学部の学びはコチラ