グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > キャリア・就職情報  > 内定者インタビュー  > 進学  > 上越教育大学大学院(学校教育専攻 臨床心理学コース)

上越教育大学大学院(学校教育専攻 臨床心理学コース)

内山 佳音さん

社会福祉学部

長野県篠ノ井高校出身


「福祉と心理」両方学んだことで将来なりたいものが見つかった

母が福祉施設で働いていたこともあり、人の心に寄り添った支援ができるようになりたいとの思いから、福祉と心理の両方を学べる長野大学を選びました。
大学2年の自治体実習では、支援を必要とする人がどのような人なのか知り、施設の役割や職員の仕事などの福祉サービスを体系的に学んだことで、ソーシャルワーカーとして働くことへの思いが強くなりました。
そんな私にとって転機となったのは、大学3年の時に受講した児童・家庭福祉制度の講義でした。家庭の経済的な事情や友人関係に悩み学校に通うことのできない子どもたちがいることを知り、福祉と心理の両方を学んでいることを活かし、スクールカウンセラーとして、子どもたちと関わりたいと思うようになりました。
今後は、大学で培った福祉マインドを持ち続け、大学院で心理学の専門性を高めることで、子どもたちに寄り添った支援ができるようになりたいです。

・社会福祉学部の学びはコチラ