グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > キャリア・就職情報  > 内定者インタビュー  > 進学  > 関西学院大学大学院(商学研究科)

関西学院大学大学院(商学研究科)

サイ シンさん

企業情報学部


災害が少なく、美しい自然が身近にある長野大学

高校生の頃から日本語を勉強していた私は、日本に留学する前に日本語能力試験1級(N1)を取得しました。高校卒業後、就職をしようかとも考えましたが、日本人の先生と話した時に、会話のスピードについていくことができず、内容を理解できませんでした。そのことがショックで日本に留学し、さらに勉強をしてみたいと考えるようになりました。インターネットで日本の大学を調べ、災害が少なく、美しい自然が身近にある長野大学への進学を決意しました。

留学生活を送る上で大切な「助け合い」の気持ち

日本での留学生活で大切なのは、周囲の人たちと良い人間関係を築き、その人たちと協力していくことです。私は日本に来てはじめてアルバイトを経験しました。軽井沢の「GAP」での接客のアルバイトですが、始めたころは日本語での指示が分からないこともたくさんありました。そんな時に、同僚のアルバイト仲間が日本語を分かりやすく教えてくれたことで、仕事をスムーズすることができました。学生生活の中でも、講義や留学の手続関係など、困った時には周りの人と助け合うことで、充実した生活を送ることができたと思います。

将来の夢は「故郷で起業すること」

長野大学で勉強しているのは「経営学」です。さらに学びを深めたいと思い、卒業後は関西学院大学の大学院で商学を専攻する予定です。大学院卒業後は故郷に帰り、食品関係の会社を起業したいと考えています。日本語はあくまでもコミュニケーションの道具です。日本では日本語を学ぶのではなく、何かひとつ専門の分野を身に付けることが、自分の将来を拓いていく大切なポイントだと思います。

・企業情報学部の学びはコチラ