グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




山洋電気

滝沢 一夫さん

企業情報学部

長野県小海高校出身


中国への留学で体験した文化や風習を活かして、世界へ日本の製品を!

 大学に入学する前から中国語に興味を持ち、独学で勉強をしていました。大学3年生の時に国際キャリア特別コースの中国語プログラムに登録し、苦手な部分の強化に努めました。結果、HSKの5級(国際基準の中国語検定で最上級は6級)を高得点で合格することができ、本格的に海外で活躍したいと考えるようになりました。その後、さらなる語学力の向上を目指し、半年間協定校でもある上海の復旦大学へ留学しました。
 復旦大学では語学力を身につけるだけでなく、中国人学生と積極的に交流し、中国の文化や風習を学びました。留学中にHSKの最上級6級に合格でき、大きな自信になりました。
 内定先を選んだ理由は、いずれは中国にある営業拠点で働きたいという気持ちと、「シェアよりも満足度を大切に」という経営理念に共感したからです。面接試験では、海外に進出したいという強い思いをPRしました。人事の方には、留学経験から得られた語学力と、中国人とのコニュニケーションから文化や価値観の違いを学んできたことを評価していただけました。数年は日本国内で働くことになりますが、2,3年後は中国にある拠点への異動が決まっているので、これからも今まで以上に学習していきたいと思います。