グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > キャリア・就職情報  > 内定者インタビュー  > 複合サービス  > 新潟県立こども自然王国

新潟県立こども自然王国

茂野 未来美さん

環境ツーリズム学部

新潟県小千谷高校出身


ずっと思い出に残る大切な時間をつくってあげたい

 大学在学中に所属していたゼミで、里山活用の地域イベントに参加しました。そのイベントで、子どもたちがいきいきと自然と触れ合う姿を見て、卒業後にはこうした機会を提供できる仕事を目指そうと決意しました。自然環境を資源としてとらえ、地域貢献に繋げるという大学の学びが活かせる道だとも考えました。
 私が働いている新潟県立こども自然王国は、自然を活かした遊びを通じて協調性・創造性・忍耐力などを高めることを目的とした子どものための総合施設です。今私は、プレイリーダー(児童厚生員)として、子どもたちのさまざまな体験をサポートしています。
 プレイリーダーとして心掛けていることは、子どもたちの中にある好奇心や感性を引きだしてあげることです。思うようにいかず悩んだ日もありましたが、ある休日に街で私のことを覚えてくれていた子どもから声をかけられ、一緒にいた保護者から「ほんとうに楽しかったようで、家でいろいろな話を聞きました」とお礼を言われた時には、少し自信を持つことができました。
 これからも子どもたちの思い出に残る大切な時間をつくっていくことが私のいちばんの目標です。