グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




長野県上田養護学校

小出 由希子さん

社会福祉学部 

新潟県敬和学園高校出身


 私は中学時代に養護学校でのボランティアを体験しました。そこで耳にした「特別支援教育というのは可能性を伸ばす教育なんだよ」という一言が私の人生の道標になりました。
 福祉の視点から教育を学ぶために長野大学社会福祉学部に進学しました。大学では社会福祉士の資格取得と教職課程の両立をめざし、とりわけ児童福祉に関する授業に力を入れました。勉強の合間には福祉施設でのボランティアにも参加しました。
 初年度は落ちてしまいましたが、養護学校で3年間講師を務めながら、長野大学の試験対策講座にも参加し、採用試験に挑戦しました。その成果として、平成25年に合格を勝ち取り正式に教員となりました。
 現在、私は高等部の2年生を受け持っています。日々実感するのは、自分の支援ひとつで子どもが大きく変わることです。生徒にとって困難なことが出てきたときに、どう支援すれば困難を乗り越えられるのかを、先生や保護者の方々と模索しながら子どもたちに向き合っています。