グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




長野県 佐久市

依田 望さん

社会福祉学部 社会福祉学科

長野県蓼科高校出身


高校・大学で学んだ福祉の専門性を活かし、地域に貢献したい!

高校で介護を学んでいた私にとって、「福祉というと介護」のイメージを強く持っていました。しかし、生活上の困難を抱えるすべての人に寄り添い、解決に向けて手助けをするのが福祉の仕事であると、オープンキャンパスに参加したときに知りました。その中でも、困っている方の相談にのり、支援の計画を立てる社会福祉士の仕事に興味を持つようになり、長野大学に進学しました。
大学では3年生から公務員特別コースに所属しましたが、当初は福祉施設の職員など公務員以外の進路も考えていました。しかし、社会福祉実習や日々の講義の中で、地域社会で困難を抱える人の問題・課題を解決することができる公務員になりたいと思うようになりました。
講義と公務員特別コースの両立は大変で、「やめてしまいたい」と思ったこともありましたが、筆記や面接試験対策を丁寧に指導してくれる先生や同じ目標を持つコースの仲間と刺激しあうことで、最後までやり遂げることができました。
4月からは、社会福祉の知識を充分に活かして、地域に貢献したいと思っています。