グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




長野県 佐久穂町

木嶋 浩佑さん

社会福祉学部 社会福祉学科

長野県野沢南高校出身


 生まれも育ちも佐久穂町の私は、これまで学んできたことを活かして地元佐久穂町の役に立ちたいという思いから役場の職員を目指しました。きっかけとなったのは、大学4年生の時に行った児童養護施設での実習でした。その施設には親から虐待を受け入所してくる子どもたちがたくさんいました。新聞報道やテレビのニュースなどで児童虐待のニュースは耳にしていましたが、実際の現場を目の当たりにし、こういった施設は子どもたちにとってとても大切な場所だと感じました。その一方で子どもにとっては親と一緒に生活できることが幸せなことであるとも実習中には考えました。虐待という行為を行ってしまう親に対して、地域の中で育児の悩みを聞く場をもっと設けるなど、できることがあるのではないかと思い、この経験から役場職員として、福祉に限らず地域の抱える課題に向き合っていきたいと考えるようになりました。
 私は一般事務職での採用なので、これまで学んできた専門性を活かすことができる部署に配属されるかは分かりませんが、配属された部署で必要とされる知識を身につけ、大好きな地元の佐久穂町の人たちから「あの人だったらいろいろ相談できる」と思ってもらえるような職員になりたいと思います。