グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




長野県 白馬村 

箱山 哲也さん 

社会福祉学部

長野県長野東高校出身


職員として、村の一人ひとりに適したサービスを提案できるようになりたい

 私が福祉分野に興味を持ったきっかけは、高校生の時に、足を骨折して入院した時でした。初めて大きなケガをして不安になっていた私に、病院の職員の方が、リハビリに必要な施設の情報提供をしてくれて、気持ちを前向きにしてくれました。その職員の方が社会福祉士の資格を持っており、相手の気持ちを理解しながら、一緒になって患者の将来を支えるという福祉の仕事に興味を持つようになりました。その経験から将来は福祉の仕事に就きたいと考えるようになり、大学では社会福祉士の資格取得の支援がしっかりしている長野大学を選びました。
 
 私は入学当初は医療現場で活躍したいと思っていましたが、大学2年の時に村役場で実習を行った際に、職員の方が障害者支援、児童福祉、介護など日常の生活で困っている地域の方から相談を受け、その人に適した公的支援や地域のサービスを提案する姿を見て、私も行政の立場から地域に貢献したいと思うようになりました。将来は相手の思いに寄り添って地域の人が安心して暮らせるように支援をしていきたいと思います。

・社会福祉学部の学びはコチラ

・長野大学の国家試験対策