グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




長野県労働金庫 

中村 耀太 さん

社会福祉学部

松本美須々ケ丘高校出身


人と接しながら相手の思いを実現できる仕事がしたい

 私は幼い頃から人と関わることとがとても好きで、将来は仕事を通じて誰かを支えてあげられるような仕事がしたいと思っていたので、福祉の分野であれば、より親身になって関わることができると思い、社会福祉学部を選びました。
 4年間の中で特に印象に残っているのは、3年の時の脳神経外科病院での実習です。私は医療ソーシャルワーカーの補助役として、患者さんと患者さんの家族から話を聞いて、施設で生活する場合どんな施設が良いのか、また本当に施設での生活が良いのかなど、患者さんのこれからの生活に関わる問題を一緒に考えるという経験をしました。答えの無い問題に悩むこともありましたが、患者さんの思いを知識と経験を使ってつなぐ仕事にやりがいを感じました。
 私がこれから働く業界は金融業界ですが、就職活動をしていく中で、金融の仕事は、福祉の仕事と同じように、親身になってお客様の人生を支えることができると感じています。内定先の企業は、そんな金融の業界の中でも、特に働く人の思いや、暮らしに密着した事業内容に魅かれました。これからは、仕事を通じてお客様の思いを実現できるようにがんばりたいと思います。

・社会福祉学部の学びはコチラ