グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > キャリア・就職情報  > 内定者インタビュー  > 医療・福祉  > 甲府市地域包括支援センター

甲府市地域包括支援センター

吉田 夏生

社会福祉学部

山梨県立甲府東高校出身


 社会福祉に興味を持ち、学びたいと思ったきっかけは、祖父の介護をするようになってからです。入学当初は漠然と社会福祉について学びたいと思っている程度でした。しかし、福祉実習で地域包括支援センターに行った際に、職員の仕事を見て、私も地域住民の役にたてるような人材になりたいと考えるようになり、社会福祉士の資格取得を目指しました。私は教職課程も履修していたので教育実習があり、国家試験の本格的な勉強は周りの友だちよりも始めるのが遅くなりました。そのことがとても不安で、自分にあった勉強方法がなかなか見つからず、集中力が続かない日もありました。しかし、周りの友だちと励まし合い、不安も分かち合い、勉強を進めることができ、合格することができました。両親や高校時代の友だちからもお守りをもらい、試験当日はみんなに守られ、支えられているという気持ちで試験に臨むことができました。就職先は取得できた社会福祉士の資格を活かすことができる職場なので、地域住民の方の相談に親身に耳を傾け、みなさんの暮らしのお手伝いをしていきたいと思っています。