グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > キャリア・就職情報  > 内定者インタビュー  > 医療・福祉  > 池田町社会福祉協議会

池田町社会福祉協議会

矢口 愛さん

社会福祉学部

長野県大町高校出身


 大学に入学する前から、地元池田町の福祉を支えている社会福祉協議会は、魅力的で憧れの職場でした。大学を卒業したら、地元に貢献したいと考えていたので、社会福祉協議会の求人を見つけたときはすぐに受けようと決めました。採用面接では、高齢者が大好きなことと、その高齢者の方々が幸せな生活を送ってほしいと考えていることをアピールしました。活動中は、一人で何でもやろうとは思わず、いろいろな人から情報を集めました。勉強を中心にしていたことはもちろんですが、友達や先輩とたくさん遊んで、コミュニティを広げながら大学生活を送りました。だから、相談できる人がたくさんいたのだと思っています。両親への感謝の気持ちは常に忘れず、思いっきり大学生活を楽しみ、希望の就職先から内定をいただけたことはとてもうれしく思っています。