グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > キャリア・就職情報  > 内定者インタビュー  > 医療・福祉  > 長野市社会福祉協議会

長野市社会福祉協議会

柴田 彩希未さん

社会福祉学部 社会福祉学科

長野県上田千曲高校卒業


高校生から歩んできた福祉の道。社会に貢献する仕事をしていきたい。

 私が福祉の道を志したのは、中学生のときに家族の介護ができるようになりたいと考えたことがきっかけでした。高校生の時に介護福祉士の資格を取りましたが、より深く福祉を学びたいと考え、長野大学に進学しました。
 福祉の仕事をしたいという思いは一貫していたのですが、どういう方向へ進むか具体的に決めることができず、悩んでいました。そんな中、過疎が進む地域に現場実習に行った時、孤立する高齢者を目の当たりにし、社会福祉の重要さを実感しました。社会福祉とは人と人との関わりのことでもあり、また社会全体の課題でもあると感じました。私はこうした問題を解決することで社会貢献がしたいと思い、社会福祉協議会を志望しました。
 私が内定を頂けたのは、キャリアサポートセンターで過去の情報を参考にしたり、職員の人のサポートがあったからだと思います。特に面接練習はとても役に立ちました。就活中は正しい言葉遣いや態度が求められますが、普段から身に付けていないとほころびが出るので、日常生活から常に意識することが大事だと思います。