グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > キャリア・就職情報  > 内定者インタビュー  > 医療・福祉  > 長野県社会福祉協議会

長野県社会福祉協議会

齊藤 舞さん

社会福祉学部

長野県長野西高校出身


 大学生活で力を入れて取り組んだことの一つがサークル活動で、私は長野大学リーダーズクラブに所属していました。このサークルは子どもを対象にしたボランティア活動を行っており、クリスマス会やウォークラリーは、地域の子どもたちにとって、恒例行事として定着しています。中でもクリスマス会は毎年地域の小学生が100名以上集まる大きなイベントで、やりがいのあるものになっています。レクリエーションやクリスマスをテーマにした劇の準備は大変でしたが、連日準備を行っていると、いつの間にか「自分たちが楽しむ企画」になってしまっていることがあり、誰のための企画かを見失っていることがありました。企画の練り直しのためには、サークル内で何度も議論し、子どもたちが楽しめる企画を作り上げていくようにしました。そうした苦労の結果、クリスマス会当日、子どもたちが喜んでいる姿を見ることができた時の達成感は忘れることができません。
 卒業後は長野県社会福祉協議会の職員となり、県全体の地域福祉の推進に関わることになります。生活上の困難を抱える人たちが、安心して暮らすことができる地域をつくっていくために、サークル活動を通して学んだ「常に支援の対象となる相手のことを考えて行動する」姿勢を忘れずに仕事をしていきたいと思います。