グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > キャリア・就職情報  > 【その1】各学部のひとづくり  > 【社会福祉学部】 福祉の向上に寄与できる人材

【社会福祉学部】
福祉の向上に寄与できる人材

○ 福祉の諸課題を総合的に分析・解決するための学習
大学の講義や演習、社会福祉施設・機関等の実習をとおして、「生命の理解」「心理の理解」「社会の理解」という側面から福祉の諸課題を総合的に理解し、福祉に関連する生活j問題解決の実践力を身につけます。

○ 対人サービスのスキルを向上するための学習
対人サービスに関する専門科目や社会福祉施設・機関等の実習をとおしてコミュニケーション・スキルや相談援助・生活支援の方法などを学び、対人サービスのスキルを身につけます。

○ 職場のメンタルヘルスを向上するための学習
精神保健福祉士を目指す学生は、精神保健分野講義・演習や精神保健福祉関連施設・機関等の実習をとおして、職場のメンタル・ヘルス向上に必要な知識とスキルを身につけます。

○ バリアフリーの環境づくりに寄与するための学習
大学の講義や演習、社会福祉施設・機関等の実習をとおして、子どもや家庭、障がいのある人達、高齢者の人達など誰もが生活しやすいバリアフリーの環境づくりに寄与する知識と発想力、姿勢を身につけます。

社会福祉学部の詳細ページは「こちら」

社会福祉学部の「夢をかなえた先輩たち」は「こちら」


社会福祉学部の「3.4年次 実習と国家試験」は「こちら」