グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > キャリア・就職情報  > 【その1】各学部のひとづくり  > 【環境ツーリズム学部】 持続可能な地域づくりを担う人材

【環境ツーリズム学部】
持続可能な地域づくりを担う人材

○ 地域と連携した体験学習
地域社会においては様々な資源(自然的資源、歴史的・文化的資源、人的資源、物的・サービス的資源)が存在し、その持続可能性を考え地域づくりをしていくことが必要となります。このような地域づくりの課題について、地域(フィールド)に出て、地域の人々と協力・連携しながら地域の課題に向き合い、今後の方向性について考えていきます。

○ 持続可能な地域づくりのための専門学習=「環境」「観光」「地域ビジネス」の融合学習
持続可能な地域のありようを考えるためには、「環境学習」(地域の自然を守り自然の恵みを有効利用する方法を提案)、「観光学習」(地域社会の生活・文化・特産物を観光資源として再評価し、新しい観光計画、旅行商品を提案)、「地域ビジネス」(地域の魅力を活かしながら、新しい仕事やビジネスを実践する)の学習が必要となります。これらにより地域づくりを担う上で必要な諸能力を身につけます。

環境ツーリズム学部の詳細ページは「こちら」 へ

環境ツーリズム学部の「夢をかなえた先輩たち」は「こちら」

環境ツーリズム学部の「インターンシップ・海外インターンシップ」は「こちら」