グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > キャンパスライフ  > 学生支援の取組み  > 障害のある学生への支援

障害のある学生への支援

障害のある学生への支援の概要

●長野大学の障害学生支援について
●長野大学障害学生支援の歩み
●障害のことを伝え、知ることが第一歩
●支援の内容
●学生の声
●サークル・学生団体紹介
●長野大学の就職支援
●卒業生の主な進路
●5つの特別コース
●「社会福祉士」「精神保健福祉士」国家試験対策
●障害者特別入試
●在学生、卒業生の出身校一覧
●キャンパスガイドマップ

デジタルパンフレットで見る(別ウィンドウで開きます)

基本姿勢

1. 長野大学での学生生活を通して、社会に出た後に自分の目標に向かって自立した生活を送ることにチャレンジする人間を育成する。
2. 共に学ぶ学生を思いやり、不自由や困難を感じている人に対して、ごく自然に声を掛け、助け合う意識が全学生・教職員に浸透することを目指す。

 長野大学の施設や支援体制は開学当初から整備されていたものではなく、多くの障害のある卒業生や在学生の声が反映され、実現してきたものです。本学には多くの障害のある学生が在籍してきましたが、障害の内容は様々です。また、共に学ぶ健常の学生や教職員も同じキャンパスで生活しています。それらの長野大学を構成する人々と大学組織が協調し合い、各々にとって適切な支援体制を実践することで、課題を一つずつ解決していく支援が、長野大学での障害学生支援に対する考え方です。また、様々な理由から物理的バリアフリーを実現できていない部分もありますが、それを補い支えているのは障害のある学生と健常の学生や教職員との助け合いです。こういった40年余の歴史の中で培われてきた心のバリアフリーの風土も大きな特徴です。これからも学生の意見を大切により良い支援体制を整えていきます。

障害のことを伝え、知ることが第一歩

障害のある学生との懇談会の様子

障害のある学生との懇談会

 様々な人や組織のコミュニケーションを活発にすることが長野大学での障害学生支援の前提です。そのために次のような取り組みを行っています。

・入学前アンケート
入学予定者に対して、事前アンケートを実施し、適切な支援の把握と検討を行っています。場合によっては、ご本人やご家族、出身校の先生に直接お話をお聞きしています。
・障害のある学生との懇談会(年2回)
障害のある学生と教職員、支援学生などが集まり、大学全体として望ましい支援を行うための意見交換を行っています。
・アドバイザーによる個別面接
全学生に配置されているアドバイザー教員により、年1回の定期個別面談と必要に応じた随時面談を実施し、障害のある学生個々に対する支援の状況を確認しています。

支援の内容

支援のあり方は学生個々によって変わりますが、障害種別には主に次のような支援を行っています。

○共通
・「障害のある学生との懇談会」開催による全体的な状況把握、意見交換
・アドバイザー(担任)教員による個別相談、状況の把握
・JOIN プロジェクト(詳しくは下記をご覧ください)

○肢体不自由
・個人ロッカーの貸出
・要望に応じた各種施設改修
・ポータルサイトや携帯電話のメール機能による連絡サポート
・障害の程度に応じて定期試験での受験方法を配慮(時間延長・別室受験など)

○聴覚障害
・ノートテイクによる情報保障(全科目には配置できていません。また、一部科目では、手話通訳支援も実施しています。)
・ビデオ教材の文字起こし
・入学式・卒業式などの学校行事でのPCテイクによる字幕表示

○視覚障害
・個人ロッカーの貸出
・支援機器の設置(点字プリンタ、読み上げソフト、立体コピー機など)
・障害の程度に応じて定期試験での受験方法を配慮(時間延長・別室受験など)

※授業を担当する全教員に障害のある学生への配慮を文書で依頼しています。
※上記の他にも個々の障害の内容に応じて対応をしています。

車いす対応トイレと段差解消昇降機の写真

車いすトイレ・段差解消昇降機

点字プレートと点字ブロックの写真

点字プレート・点字ブロック

障害学生支援に関わる設置科目

聴覚や視覚などに障害のある方々のコミュニケーションを支援するための専門的な方法を学ぶ「情報保障技術」や、障害のある学生への支援活動への参加を奨励する「ボランティア活動」などの科目を設置しています。

「情報保障技術A(点字・朗読法)」

情報保障技術A(点字・朗読法)の様子

視覚障害とは何かを学ぶことからはじめ、点訳の技術と知識を身につける科目。音訳指導、パソコン点訳、情報機器開発についても取り上げています。
※社会福祉学部のみの開講科目です。

「情報保障技術B(要約筆記)」

情報保障技術B(要約筆記)の様子

「パソコンノートテイク」の知識と技術習得を中心に情報コミュニケーション支援について学び、聴覚に障害のある人の地域生活及び関連する福祉制度等についての理解を深めます。

「情報保障技術C(手話)」

情報保障技術C(手話)の様子

聴覚・言語障害者の日常生活におけるバリアやコミュニケーションのあり方・大切さを学びながら、入門レベルの手話単語を学び、基本的な会話表現を習得します。
※社会福祉学部のみの開講科目です。

「コミュニティ活動」

通常の講義形式の科目ではなく、学内外での受講者の主体的・積極的なボランティア活動を奨励し、「今、自分に何ができるか」を具体的に実践する科目です。4 コースが設けられており、その内の1つに学内での障害のある学生への支援が設定されています。
※社会福祉学部のみの開講科目です。
「教職員のための障害学生修学支援ガイド(平成27年度改訂版)」はこちら
http://www.jasso.go.jp/gakusei/tokubetsu_shien/guide_kyouzai/guide/index.html#guide_pdf